邦楽ロックレビュー FMusic

音楽ブログ 歌詞 試聴 レビュー 視聴
お客さま訪問数

100万アクセス突破☆
THANKS!!
プロフィール

いわちゅ

管理人:いわちゅ
FM横浜84.7を主に聴いています。常に新しいアーティストや曲を探求しています♪コメントやトラックバックはお気軽にどうぞ☆このブログはリンクフリーです♪ Twitter

当ブログについて
参戦ライヴ履歴
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログパーツ
ブロとも申請フォーム
音楽ブログランキング♪
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
スポンサー広告 | 【--------(--)】 | Trackback(-) | Comments(-)
チャットモンチー『共鳴』/デビュー10周年、生命力が感じられるチャットサウンドは未だ成長途中♪
5月13日にリリースされているチャットモンチーの『共鳴』。
やっぱりバンドスタイルになると軸が入って良い♪

元ドラムのクミコンが脱退したあたりからチャットモンチーへの意欲が少し薄れていたんだけど、2014年のRIJFで完全にその意欲も戻ってきた気がする!サポートメンバーであるHi-STANDARDの恒岡さん、the chef cooks meの下村さん。4人体制だと、はしえりさんのボーカルもなんだか伸び伸びしてるし、てか出産後も全然変わらないなぁ。

チャットモンチー6枚目となるアルバム『共鳴』は、出だしの『きみがその気なら』から心くすぐられる。他の収録曲を鼓舞するような、包み込むような強さがある。それに続く2曲目『こころとあたま』、これこそ長年待っていた初期チャット好きにはたまらない1曲。

ドラムとキーボードのサポートメンバーを迎えた
4ピースの「男陣」(恒岡章、下村亮介)と
「乙女団」(北野愛子、世武裕子)、橋本と福岡と恒岡の3ピース、
そして橋本と福岡の2ピースという
4つの編成を使い分けて制作された全12曲
CINRA.NETより引用


全部がバンドスタイルかといえばそうでもなくて、上記の4つの編成を駆使してできた12曲。前作『変身』がなかったら、絶対に『共鳴』は生まれてこなかっただろうなと。ガールズバンドなんていう枠はすでに飛び越えて、自分たちで色んな楽器が扱えるようになっているし、サポートメンバーも充実している。まだまだ無限大に音を組み合わせて曲を制作していける環境に、自分たちの力で変えていけたのはすごいことだと思う。

デビューから10周年。チャットモンチーから伝わるのは『生命力』。セカンドアルバムのタイトルの通りだけど、そんな活力を持ってこられたからこそチャットモンチーに長年寄り添って『共鳴』をしてくれるファンもいるはずなんだ☆

『共鳴』
『共鳴』
★★★★★
KRE
チャットモンチー(アーティスト)
発売日:2015-05-13
楽天市場で詳細をみる

チャットモンチー 『きみがその気なら』のMV視聴

チャットモンチー 『こころとあたま』のMV視聴

チャットモンチー オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
チャットモンチー | 【2015-06-13(Sat)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
3markets[ ] 『眠りたいもう眠りたい』/半角スペースから溢れんばかりの現実味がある楽曲がずらり!
3markets[ ]が初の全国流通アルバム
『眠りたいもう眠りたい』を6月17日にリリース。

2014年 10月10日、3markts(株)から
新メンバー加入をきっかけに
3markets[ ]と名前を変えて活動再開。

あらかじめ決められていた窮屈な社会に
ほんの少しの自由を。[ ]に囲まれた中の
半角スペースにそんな気持ちを込めて活動を開始。
3markets[ ] オフィシャルサイトより引用


なにかが変わったなぁと前々から思ってはいたが、そうか”株”の字が抜けて空白になったのか!オフィシャルでも綴られていたけど、目を凝らすと株の字が見えるという件。以前から彼らのバンド名を知っていた人に限り、これは案外その通りかもしれないね(笑)新しいバンド名の、その由来も好きなタイプの付け方だし、彼らの楽曲で半角スペースを思いっきり真横にビヨーンって引っ張ってほしい♪

新しいバンドメンバーに星屑オーケストラのギター、矢矧暁氏が加入していたのか!これは驚き。。コンピアルバム『地下室のアカリたち』、『地下室のアカリたち2』でも両盤ともに星屑オーケストラが良すぎてずっと聴いてたもん。新しい『眠りたいもう眠りたい』にもシャワーみたいなメロディアスなギターが奏でられてて音幅広がった感覚がある☆

アルバム『眠りたいもう眠りたい』からMV公開されている『猫の缶詰め』。かわいらしさに溢れた1曲だと思ってたけど、一癖も二癖もあるクリープハイプ並の1曲だったw けど、着眼点がとても面白くて缶詰ひとつから描かれる世界観は、この世の縮図でもありそうなんだよな。正攻法では生き辛さを感じてしまう、少し寂れた風景がバンドっぽくて好きな曲。

そして『4月』。これも良いなぁ♪やりきれない、情けない気持ちを途方にぶつけている感じが好き。建前はどうでもいいんだよ、こういう本音の部分を恥ずかしげもなくさらけ出せているのがバンドだと思うし。人の気持ちを代弁して共感してくれるありがたい存在。

さて、これで猫シリーズの曲がさらに追加された。3markets[ ]『猫の缶詰め』。ねこね、こねこね。『ねこは何でも知っている』、さよならポニーテール『ヘイ!! にゃん♡』、The next! Liddell 1974『猫になりたい』…etc。

【収録曲】
01.猫の缶詰め
02.インターホン恐怖症
03.4月
04.左に右折
05.人間インザボックス
06.スイミング
07.チャゲアスを聴きながら

『眠りたいもう眠りたい』
NO CAT,NO LIFE.RECORDS
3markets[ ](アーティスト)
発売日:2015-06-17
楽天市場で詳細をみる


3markets[ ] 『猫の缶詰め』のMV視聴

3markets[ ] 『4月』のMV視聴

3markets[ ] オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
3markets[ ] | 【2015-06-11(Thu)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Shiggy Jr.(シギージュニア)『サマータイムラブ』/夏フェスで期待大の2015年注目バンド!
Shiggy Jr.(シギージュニア)がメジャーデビューシングル
『サマータイムラブ』を6月24日にリリース♪

てっきり『LISTEN TO THE MUSIC』がメジャーデビュー曲かと思っていたら、2nd EPだったのね!2015年の夏にはトレジャーやらロッキンにShiggy Jr.が呼ばれているし、各地へのフェス等の出演おめでとう!このサマーソングを引っ提げて色んな人に興味を持ってもらえるといいな。

前作『LISTEN TO THE MUSIC』に収録されていた『summer time』とめちゃくちゃタイトル被ってるんだけど、それはそれ、これはこれで聴くことにした(笑)『サマータイムラブ』も当然夏ソング。素朴で澄み渡るボーカルはやっぱり癖になるし、Shiggy Jr.の振り付けはライヴに行く前には覚えておきたいところ。これは…真夏の海水浴場で流れてたら最高だね♪

朝出かけるときもShiggy Jr.の曲を聴くことは多いんだけど、自然と気持ちを上げてくれるからやめられない♪まったりしすぎてないし激しすぎないし、ぴょんぴょんとラジオ体操のストレッチ感覚でさらりと聴けるんだろうな。Aira MitsukiやSweet Vacationを辿ってきた身としては、Shiggy Jr.もハマってしまうのはたぶん自然のこと。まだ大きなバンドになる前に小さなハコの前のほうで彼らを見てみたいです。

収録曲の3曲目には□□□(クチロロ)が『サマータイムラブ』のリミックスを手掛けてるって!どんな仕上がりになっているのか気になるー。

『サマータイムラブ』
ユニバーサル
Shiggy Jr.(アーティスト)
発売日:2015-06-24
楽天市場で詳細をみる

Shiggy Jr.(シギージュニア)『LISTEN TO THE MUSIC』のMV視聴

Shiggy Jr.(シギージュニア)『サマータイムラブ』のMV視聴

Shiggy Jr.(シギージュニア) オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
Shiggy Jr. | 【2015-06-08(Mon)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Solaris Clock(ソラリスクロック)『Blue Moon』、何か足りない夜に添える1曲★
Solaris Clockが胸に響く夜。

心を掴むどこか幻想的で淡くしかし力強く芯の有る歌声と、
星空等をモチーフに描かれる
­童話感のあるリリックを柱にしバンドサウンド
Solaris Clock オフィシャルサイトより引用




星空と歌うスリーピースバンド、Solaris Clock(ソラリスクロック)。2015年3月6日にMV公開された『Blue Moon』が、何か足りないこんな夜にはちょうどいい。分からない先にある答えが静かにゆっくりと降下してくる佇まい。勢いよく飛び出していきたいそわそわ感と、目を瞑って今日の回想をしたくなる一呼吸感。動と静の対極が同時に欲しいわがままに付き合ってくれる。なによりMVのアートワークが華麗すぎて目も耳も離せなくなる。

”でも君は言った「自分を責めないで」と
今僕はあの日と同じ窓を開けて
希望を探した夜空の地図を覗いてみる”


日々は動いていて、秒とか時間でみたら短すぎて何が変わっているのか分からない。でも、月や年でみると確かに形になっている。だから、確実に地図は更新されているなって実感できる。Solaris Clockの曲を聴いていると夜空を無性に見たくなるんだけどw 天体バンドといえばバンプが定番だけど、Solaris Clockも相当にまばゆい輝きを持ってると思う。歌詞もボーカルもメロディーも心落ち着くよ。

Solaris Clock(ソラリスクロック) オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
Solaris Clock | 【2015-06-05(Fri)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
sumika『グライダースライダー』/『Vital Apartment.』よりMV公開♪
sumikaがミニアルバム『Vital Apartment.』を6月10日にリリース。

やっぱりsumikaいいよ♪非の打ちどころがないっていうのかな、前のめりで聴いちゃう曲ばかり。それに最近の若手バンドが好きな人ならば絶対に通過せざるを得ないバンドだと思うんだ。自分は『ふっかつのじゅもん』から入ったクチだけど、彼らの楽曲って聴いてて楽しい。感情移入とまではいかないけど、まるでその曲の主人公になったような気がするんだよね。目の前に立ちはだかる壁を越えていこうとする前向きの意識がすっごく伝わってくるし、ギターリズムがあざとくてさらに曲の長所を際立たせている。

ミニアルバム『Vital Apartment.』からMVが解禁された『グライダースライダー』。すでに何回リピートしたことやら(笑)これまでの曲に比べるといささか正攻法かと思うけど、疾走感の中にも聴かせるポイントはいくつもあって良い感じ!sumika、もっと認知度が高くてもよさそうなのにねー。あと体調不良が無事に治り、元気にライヴできる日を楽しみにしています!

ミニアルバム『Vital Apartment.』<収録曲>
1.Amber
2.チェスターコパーポット
3.マイリッチサマーブルース
4.rem.
5.茜色の群青
6.グライダースライダー

Vital Apartment.
『Vital Apartment.』
★★★★★
[NOiD]
sumika(アーティスト)
発売日:2015-06-10
楽天市場で詳細をみる

sumika『グライダースライダー』のMV視聴

sumika オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
sumika | 【2015-06-03(Wed)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
東京カランコロン『スパイス』/惹き込まれる系のカランコロンの新曲!
東京カランコロンが4枚目のシングル
『スパイス』を6月10日にリリース!

初のワンコインシングルで、実に手に取りやすい!というのも今回の新曲『スパイス』おすすめ、ワンコインなら悪くないなーと。いつものポワポワとした独特のカランコロンじゃなくて、惹き込まれる雰囲気になってる。ちょっとしたトキメキがメロディーに振り掛けられているような、読み聞かせのような唄い方もあるんだなぁ。さよなら、また今度ねの『輝くサラダ』に続きそうな、心にじんわり響く歌詞も良いし!そうか、食戟のソーマのエンディングテーマだから『スパイス』なのか、と後から知ったのは内緒。

東京カランコロン×TOWER RECORSで『スパイス』5大キャンペーンなるものも開催しているみたい。ワンコインでは全然足りないファンの人はチェックしてみては♪

【1】TOWER RECORDSオリジナル先着特典
①:「シリコンラバーバンド ( TOWER RECORDS ver)」決定!

【2】TOWER RECORDSオリジナル先着特典
②:「豪華賞品が当たるオリジナル特典応募ハガキ」決定!

【3】対象店にてメンバーコメント入り先行試聴を実施!

【4】旧譜キャンペーン実施!

【5】TOWER RECORDS ONLINE限定
抽選特典:「東京カランコロン 直筆サイン入り色紙」決定!

『スパイス』
『スパイス』
★★★★☆
avex trax
東京カランコロン(アーティスト)
発売日:2015-06-10
楽天市場で詳細をみる

東京カランコロン『スパイス』MV視聴

東京カランコロン『スパイス』特設サイト

東京カランコロン オフィシャルサイト




にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
東京カランコロン | 【2015-06-01(Mon)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
efso (エフソ)第二弾MV『愛を』公開/素敵な『魔法があればきっと』と併せて♪
インターネットと名古屋を拠点に活動しているバンド、efso (エフソ)。
第一弾作品『魔法があればきっと』に一聴惚れし、ついに第二弾作品となる『愛を』を5月19日に公開。内心、とても嬉しいです!ひゃっほーって飛び跳ねたいくらい(笑)efsoの音楽性そのものが好きなんだよなー。なんとなく聴けるとか、まぁまぁ好きだなくらいの感覚なら色んな音楽を聴いてる中で幾らでもあるんだけど、efsoはさらにその上の感覚。瞬間でビビッとくるバンドはなかなかいないから、この出会いは幸せだ♪





efso (エフソ) オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
efso | 【2015-05-29(Fri)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
odol(オドル)『odol』/丁寧につむいだファーストアルバム!
odol(オドル)がファーストアルバム
『odol』を5月20日にリリースしました。

結成して半年も経たずしてFUJI ROCK FESTIVALの
ROOKIE A GO-GOへの出場を果たした、
今最も注目していただきたいアーティストです!
タワーレコード渋谷店 スタッフブログより引用


2014年に始動、下北沢などを活動拠点とする平均年齢21歳の5人組インディーズバンド、odol。散々フェス(METROCK2015)で遊んできたあとにはodolの音楽が非常に気持ちが休まるや。日常離れしすぎて置いてきてしまった生活感を取り戻すにはちょうど良い曲があったなと(笑)MVが公開されているodolの『生活』。詩人のような歌詞に地に足がついた歌声、日常に自然とリンクしていく違和感のなさはすごい。彼らの楽曲を聴いていると、安心が極まって眠たくなってくることもしばしばある。丁寧に紡ぎだす1音1音はとても綺麗で、ずっとBGMにして流していてもいいくらい。

日本語オルタナティヴ・ロックの次世代バンド、odol。
今後の活躍も楽しみだけど、まずはアルバム『odol』を聴くところから♪

『odol』
『odol』
★★★★★
UK.PROJECT
odol (アーティスト)
発売日:2015-05-20
楽天市場で詳細をみる

odol(オドル)『生活』のMV視聴

odol(オドル)『生活』の歌詞

odol(オドル)オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
odol | 【2015-05-27(Wed)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
METROCK(メトロック)2015 5月24日(日)ライヴレポート♪
2015年5月24日、東京・若洲公園 METROCK(メトロック)参戦してきました!簡単にライヴレポ、というより感想を!

METROCK2015

お目当ては普段お目にかかることができないベビメタことBABY METAL。さすがワールドクラスは格が違ったなぁ。まさかウィンドミルに特大サークルが出現するとは!今まであの規模は見たことがなかった。立ち位置は中盤くらいに陣取ってたんだけど、前方と後方に部活でみんなグラウンド走ってるみたいな光景が広がっていた(笑)ベビメタの3人も疲れ知らずのパフォーマンスを魅せるし、そもそもバンドマンの腕前がスクリーン見てても唖然だったもんな。SU-METALの力強く洗練された声も余韻がまだ全然残ってるし。日本のフェスは久しぶりって聞いたし、良いときに彼女たちを見れたなと思う。

さてスタートに戻ろう。まずはトップバッター、12時からKANA-BOON参戦。『TIME』から入り観客の熱量が一気に加速、晴れてきた空に心地がよかった『なんでもねだり』、お昼時には欠かせない炒飯こと『ないものねだり』など次々と投下。トップの役割を十二分に果たしてたね♪

※とあるKANA-BOONメンバーからキュウソにサイン欲しいMC有

HaKUと迷ったんだけどなー、次はパスピエに浮気しました。出だしは『S.S』と完全に思ってたら『MATATABISTEP』きた!『フィーバー』も早めに披露してたし出し惜しみしてなかったな。新曲『トキノワ』も生で聴けたしホクホクでしたとも♪

そして在日ファンク。『根にもってます』やってくれるかなーと期待して行ったら、早々に披露してたからビビった(笑)からの、ウィンドミルに戻ってモンパチ!モンパチのライヴって実は初かもしれない。名曲『あなたに』、『小さな恋のうた』は日曜日で1番の大合唱だった!特に『Don't worry be happy』やってくれたのが嬉しかったー。

そしてアルカラ。時間前から『癇癪玉のお宮ちゃん(ヤンキーこわいver)』やってた(笑)実はパスピエ見てたら目の前を太佑さん通ったんだよな。タンバリンこそ装備してなかったけど、間違いじゃないはず。ベビメタの登場シーンが見たかったから早めに切り上げようと思ってたんだけど、行こうとしたら『半径30cmの中を知らない』なんかやりだすし、なかなかアルカラは移動させてくれなかった。。

METROCK 2015

ベビメタは先述したとおり。ベビメタ→キュウソの移動はタイテ的に辛くて9割の人は以上はふざけんな!って思ったんじゃないか(笑)端から端のエリアに全部人が流れたように思う。『ビビッタ』からキュウソはフル回転だったね、さすが10代・20代に今絶大な支持を持ってるだけある。

※キュウソからKANA-BOONにサインはちゃんとサイン会に来いやのMC有
※キュウソからゲスの極み乙女。に未だ貰えていないトートバッグよこせのMC有

ここも迷ったんだけどなー、今回はBLUE ENCOUNTを蹴ってゲスに行きました。だってMCの返答が気になったからさ。ゲスの極み乙女。演奏自体はやっぱり上手い。新曲『ロマンスがありあまる』も間に挟んできたし、『ノーマルアタマ 』や『デジタルモグラ』の定番曲も披露。そしてラストは『キラーボール』。この『キラーボール』、よくよく聴いてると何かが違う。

”僕は抱き寄せて言ったんだ。 Shall we dance?”

「?!」ってなったが、超カッコよく聴こえるけど、これしゃべくりでやってた一連の流れだw でも、実際悪くない。むしろ鳥肌立つくらい良い歌詞に(笑)一回袖にはけてアンコール待ちだったから、MCの返しを聴くべく待っていたら…まさかのアンコールは『キラーボール』!2連発!!肝心な歌詞はさすがに普通に戻してくるかと思っていたら、再び降臨。

”僕は抱き寄せて言ったんだ。 だっふんだ”

METROCK2015

爆笑しながら大トリである電話ズのもとへ(笑)あたりはすっかり暗くなっての『Monkey Discooooooo』からスタート!さすがに帰りの心配もあったので途中抜けしたけど、ディスコたっぷり踊って堪能してきた♪『Odoru』で大きなサークルが出来てたってあとから知って羨ましいなーと思ったり、ラストの『Love&DISCO』はやっぱり残ってたほうが良かったか、なんて思うけどね。楽しかった、来年はどうなるんだろう。

TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2015 オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
LIVE情報&レポ | 【2015-05-25(Mon)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Qaijff(クアイフ)『organism』/心が寄り道してしまうピアノロックの激情系!
Qaijff(クアイフ)がファーストミニアルバム
『organism』を6月3日にリリースします。

クラシカルで繊細さと感情をむき出しにしたような
激しさを持ち合わせた旋律を奏でるキーボードは
3ピース特有のソリッドさと3ピースの枠に収まらない
サウンドスケープで聞くものの心を惹きつけてやまない。
Qaijff “クアイフ” オフィシャルサイトより引用


2012年3月結成、愛知発の3ピースピアノロックバンド、Qaijff “クアイフ”。他の曲を聴いていたら立ち止まらなかったと思う。ファーストミニアルバム『organism』、タイトル曲でもある『organism』を聴いたら心が寄り道してしまった。イントロがもはやインストで聴ける魔法がかかってるんだけど(汗)ピアノロックってどうしても綺麗な旋律になるから、枠に収まりがちなイメージがあるんだけど、美しいメロディーはそのままに、それでいて激情系。ピアノ、ベース、ドラムと音同士がケンカしそうな自由奔放さがあるのに、それが全部プラス方向に融合されてる。

曲が進むにつれて焦燥感と緊張感が気付かぬうちに増していくのも魅力。綺麗で枠に収まらないという代名詞は、たぶんこういう仕掛けにリスナーが無自覚で惹かれていくからだろうなぁ♪

【収録曲】
1.organism
2.hello world
3.meaning of me
4.after rain
5.along the coast
6.lost world

organism
『organism』
★★★★☆
ハピネット
Qaijff (アーティスト)
発売日:2015-06-03
楽天市場で詳細をみる

Qaijff(クアイフ)『organism』のMV視聴

Qaijff(クアイフ) オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
Qaijff | 【2015-05-23(Sat)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ 次のページ

次回の訪問にどうぞ♪
CDを借りるなら
ツタヤに毎回CDを借りに行くも、いつも貸出中や最新版は返却期限が短いなど困っている方にオススメ。特に新譜の邦ロックを追っている人は有効活用できます。
チケットを探すなら
日本最大級のチケット売買サイト「チケットキャンプ」
人気の春フェス・夏フェスのチケットを探すときに覗いてみるといいかも。
ブログ内検索
歌詞サイト一覧
☆無料歌詞サイト
⇒ うたまっぷ
⇒ 歌詞GET
⇒ 歌詞ナビ
⇒ 歌ネット
アーティスト別カテゴリー
音楽レビュー関連リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。