邦楽ロックレビュー FMusic どろろ&百鬼丸♪「手塚治虫漫画全集」

音楽ブログ 歌詞 試聴 レビュー 視聴
お客さま訪問数

100万アクセス突破☆
THANKS!!
プロフィール

いわちゅ

管理人:いわちゅ
FM横浜84.7を主に聴いています。常に新しいアーティストや曲を探求しています♪コメントやトラックバックはお気軽にどうぞ☆このブログはリンクフリーです♪ Twitter

当ブログについて
参戦ライヴ履歴
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログパーツ
ブロとも申請フォーム
音楽ブログランキング♪
RSSフィード
どろろ&百鬼丸♪「手塚治虫漫画全集」
「手塚治虫漫画全集」からどろろ1~4巻をみました。

映画「どろろ」の原作が手塚治虫だったんですね。みるときに初めて知りました。そして映画「どろろ」の印象とはかなり違った印象でしたね。映画は百鬼丸(妻夫木聡)と、どろろ(柴咲コウ)の2人だからどうしても大人っぽいけど、コミックは子どもなわけで。映画を観た人のレビューによると、変に原作に縛られていないこと、キャスティングに好感を持てたようです。たしかにどろろ役に柴咲コウってちょっと無理があるかなぁって思いますが、キャラクター性がマッチしてたんでしょうね。

室町時代末期、武士の醍醐景光は天下取りの代償として自分の子を48体の魔神に差し出す。赤ん坊は体の48箇所を欠損した体で生まれ、異形の物としてそのまま捨てられてしまう。医者に拾われた赤ん坊は成長して百鬼丸(ひゃっきまる)と名乗り、自分の体を取り戻す旅に出る。旅の途中でこそ泥のどろろと出会い、二人で旅を続ける。また、魔神を倒すたびに、奪われた48箇所の体が一つずつ復活していく。


物語はとても楽しかったです。歴史を感じるし剣を使って妖怪退治ってあたりが個人的に好きなので。あとはどろろ&百鬼丸の相性、仲が悪いようで一緒に居るのが長くなると愛しくなってくるっていうのも、コミックだけでも感じ取れました。でも主人公はどっちって聞かれたら完全に百鬼丸だろうなぁって思います。どろろが女の子だったしヒロインにしかみえない~。成長したあとの姿もあったら楽しみだったかな。それと締めくくりもあっけなかったのでもう少し続いて欲しかったのが本音です。なんだかんだ言うけど手塚治虫氏のマンガはどれも傑作ばかりですよ。

どろろを夜中に読んでいました。眠くて寝ればいいのに次の展開が気になりだして寝れないっていう悪循環。終いには途中で堕ちて読みながら寝てました。そして昼に起きて続きから4巻の最後まで読み終わりました。眠いー。

どろろ (1)
どろろ (1)
★★★★★
講談社
手塚 治虫(著)
発売日:1981-03

どろろ (2)
どろろ (2)
★★★★★
講談社
手塚 治虫(著)
発売日:1981-04

どろろ (3)
どろろ (3)
★★★★★
講談社
手塚 治虫(著)
発売日:1981-05

どろろ (4)
どろろ (4)
★★★★★
講談社
手塚 治虫(著)
発売日:1981-06

どろろウィキペディア



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
日常 | 【2007-01-28(Sun)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



次回の訪問にどうぞ♪
CDを借りるなら
ツタヤに毎回CDを借りに行くも、いつも貸出中や最新版は返却期限が短いなど困っている方にオススメ。特に新譜の邦ロックを追っている人は有効活用できます。
チケットを探すなら
日本最大級のチケット売買サイト「チケットキャンプ」
人気の春フェス・夏フェスのチケットを探すときに覗いてみるといいかも。
ブログ内検索
歌詞サイト一覧
☆無料歌詞サイト
⇒ うたまっぷ
⇒ 歌詞GET
⇒ 歌詞ナビ
⇒ 歌ネット
アーティスト別カテゴリー
音楽レビュー関連リンク