邦楽ロックレビュー FMusic 2008年08月

音楽ブログ 歌詞 試聴 レビュー 視聴
お客さま訪問数

100万アクセス突破☆
THANKS!!
プロフィール

いわちゅ

管理人:いわちゅ
FM横浜84.7を主に聴いています。常に新しいアーティストや曲を探求しています♪コメントやトラックバックはお気軽にどうぞ☆このブログはリンクフリーです♪ Twitter

当ブログについて
参戦ライヴ履歴
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2008年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログパーツ
ブロとも申請フォーム
音楽ブログランキング♪
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
スポンサー広告 | 【--------(--)】 | Trackback(-) | Comments(-)
a-nation'08 powered by ウイダーinゼリー ライブレポ@東京・味の素スタジアム
昨年は東京公演のオフィシャルブロガーとして参加させていただきましたa-nation。その魅力にハマり、今年も一般で参戦してきました♪晴れ時々曇りのちザーザー雨のち晴れという天候の味の素スタジアム、8/30(土)でした!

<8/30>
東京都:味の素スタジアム開場 12:30 / 開演 14:00

第1弾アーティスト:TRF・倖田來未・鈴木亜美・東方神起

第2弾アーティスト:SEAMO

第3弾アーティスト
安室奈美恵・COLOR・浜崎あゆみ・hitomi・三浦大知・misono

シューティングアクト
alan・奥村初音・GIRL NEXT DOOR・J Soul Brothers

オープニングアクト
JONTE・BRIGHT・moumoon

パワーステージ
エイジア エンジニア・光上せあら・東京プリン・福井舞・yoonji


最初に申し上げておきます。走り書きなので構成は考えずのレポになっております。
ご了承ください>< 画像とか入手できればUPしたいと思います☆

棒線引っ張ってあるのが見れていないアーティストさんです。昨年の行動を最大限に活かせたので見れないアーティストさんは減りましたが、またしてもmoumoonをa-nationで見逃した(>_<)現地の最寄である飛田給駅に着いたのは朝11時、昼食を取り会場入りは12時。まず雨が降っていたのでポンチョを購入すべくグッズエリアへ!ついでにTシャツ(ネイビー)とご当地ストラップ、テイクアウトバッグを買って終了~。

その後は、コミュニティエリアに移動。CD・DVDショップ、エコステーション、フードセレクション、オリジナルプリ機など、都会の満員電車のように混んでた。そこで三浦大知と奥村初音の本人がそれぞれ別ブースで宣伝をしてて、ちょこっと見てた。そんなこんなで時間は13時過ぎ~。ということでパワーステージに移動。

パワーステージに着いた頃に福井舞が終了~。直接本人は見てないけどドラマ「恋空」主題歌になっている『アイのうた』はばっちり(建物の外)から聴けました(笑)その後は、男性ダンサーによる華麗なパフォーマンスが続き、そして一応お目当てにしていた東京プリンが登場!『携帯哀歌』がおもしろ切なかったし、『自転車なんだよ 人生は』の振り付けも意味不明で楽しかった☆東京プリンの曲をどっかで本気になって聴きこもうか考え中(笑)っていうくらいに印象に残った東京プリン!パワーステージのトリを飾るのは昨年同様にエイジアエンジニア♪背中を押してくれる応援ソング『絶対負けない!』、夏の終わりに絶対聴きたい『純夏~jun-natsu~』など披露していただきました。やっぱ彼らのテンションは居心地が良いです♪

そしてメインステージに移動。M5入口の後方でした。雨が心配されていたので用意はしていたんですけど、自分とこの席は屋根が完備(というか会場の形状的に)されてたので勝ち組に♪まぁステージからは若干遠めでしたけど、昨年より強化されてる気がした大スクリーンで完璧でした。ちょうどJONTEが唄っていたときでしたね。

01.安室奈美恵
トップバッターという異例な告知を出していた安室奈美恵。
登場するなり会場を巻き込んで熱気の渦に☆

02.J Soul Brothers
一般指定席からみていたけど、安室ちゃんが終了して休憩に走る人が全体の半数くらい(汗)やっぱり認知度の差ですかね。。悪くはなかったんですけどねー(>へ<)

03.鈴木亜美
『BE TOGETHER』から始まり、『Delightful』など盛り上がる曲を披露!中田ヤスタカさんプロデュースの『ONE』もラストに唄っていただき、衣装も可愛かったです☆

04.三浦大知
彼といえば『Free Style』!大きなスタジアムでこの曲は響いたなー。

05.misono
ギリギリ参戦となったmisono。おバカキャラが定着していたんだけど、案外普通^^
新曲『二人三脚』を1曲のみ唄って終了~。

06.COLOR
EXILEファンには待っていたCOLOR。ファンも結構多かったです!

07.奥村初音
自身2回目となる奥村初音。「ぴあデビューレビュー VOL.131」で観て、まだ現役高校生の17歳だけど本物だと思ったアーティスト。大きな会場で少しは緊張していたと思うけど、曇り空にはピッタリな感情込もった歌声を聴くことができた☆披露したのはファーストアルバム『夏色の恋』、ドラマ「正義の味方」主題歌にもなっている『ホントはね』でした。今は大阪と東京の両会場で「ぴあデビューレビューNo.140(出演:奥村初音)」の申し込みが可能なので、暇がある人はチェックしてみてください♪このライブは基本無料なので^^

08.hitomi
結婚してお腹に赤ちゃんがいるのにも関わらずパワフルなステージを展開してくれたhitomi。代表曲である『LOVE2000』、『SAMURAI DRIVE』で大盛り上がりでした!!

~10分休憩~

09.alan
透き通る高い声が壮大だった!

10.SEAMO
マイクマスター、SEAMO!SEAMOのときが1番のドシャ降りだったのは事実です(笑)MC上手いし、よく何万のいる会場を動かすだけの力があるよなぁって感心してしまった。MCからコール&レスポンスで「ファイヤー」ってきたんで何かと思ってたら、1曲目『ルパン・ザ・ファイヤー』!これヤバイ♪2曲目はしんみりと染みわたる『MOTHER』、ラストはまた皆で会える日までという意味を込めて『マタアイマショウ』でした!

11.GIRL NEXT DOOR
期待して臨んだガルネク。うーん、サウンド陣は文句なしにカッコよかったんだけどなぁ。千紗さんの歌声が多少音割れしてたことと、PVのような雰囲気を想像していたが、少し子どもっぽさが出てしまった部分が否めないかなと。CDとPVだけならやけに大人っぽくて歌声も良いのになー。ライブ行って印象が下がるって珍しい(自分の中で)><

12.Do As Infinity(シークレットゲスト)
想像もつかなかったシークレットゲスト、Do As Infinity!生の伴さんだよ!Yahooのニュースでも載っていましたが、再結成というが決まりステージで報告してくれました!『本日ハ晴天ナリ』を披露、驚きも大きかったんですけど、それ以上に感動しました♪

13.東方神起
赤風船がやっぱり多かったー。かなりの割合を占めていたと思われます(>w< )

14. DJ OZMA(シークレットゲスト)
アゲアゲ戦士、DJ OZMA!!シークレットが2組もくるとは思わなかった(笑)“18禁”OZMA節のステージでした(汗)その経緯のほうはニュースでご確認ください★

15.倖田來未
いろんな曲を披露してくれたなぁと、ここらへんから疲れがでてきてよく覚えていない(笑)ラストにmisonoがちゃっかりステージに登場してお手伝いをしているシーンもありました☆

16.TRF
昨年も聴いたけど『BOY MEETS GIRL』は名曲だね。たぶんいつ聴いても名曲だろうけど♪『Survival dAnce ~no no cry more~』の"フォーッ"って部分はやっぱ快感です^^

17.浜崎あゆみ
トリは当然あゆ。シングルで知っている曲が多かったんですけど、『A SONG FOR XX』が大好きだったんで披露してくれたときにはあゆワールドに入ってた♪歌姫も健在でしたね。終了と同時に会場の近くから特大の打ち上げ花火が☆今年はこれといって花火大会も行けてなかったので、夏の最後にあれだけ見事な打ち上げ花火をみれたのも感動モノでした♪

アーティストさん、スタッフさん、観客の皆様おつかれさまでした☆
また来年も予定が空いていれば参加したいと思います!!

a-nation'08 powered by ウイダーinゼリー オフィシャルサイト

スポンサーサイト


にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
a-nation | 【2008-08-31(Sun)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Mr.Children(ミスチル)『HANABI』/意味のある世界へ切り開く唄!
Mr.Childrenがニューシングル『HANABI』を9月3日にリリース♪

「GIFT」が陽だとすると、この「HANABI」は陰。
ただ、今のMr.Childrenの素晴らしいところは、
陰を陰のまま嘆いて終わらせるだけではなく、
その視点から見た美しさの提示にあると思います。
大げさではなく、決して良くはないけれど、
でも悪くもないよね?みたいな。
あるがままの心で(Yacchiさん)のブログより引用


3ヶ月連続リリース第3弾となるミスチルの『HANABI』。前作シングル『GIFT』より約1ヶ月ぶり、そして通算33枚目のシングルになります☆フジテレビ系ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の主題歌として、すでに世間的にも聴いたことがある人がほとんどでしょう。同じように自分もドラマを観てて気になったクチです♪

桜井さんの書く詩ってやっぱすごい。メロディーが付いていなくても、「うんうん、そうだなぁ」って共感してしまう。まさに今の世の中をそっくり抽出したかのような歌詞は、想像をはるかに超えて心に突き刺さります(>_<)チクタクと時を刻んでいく時間に、ロボットのような毎日の工程を繰り返す日々。気づけば自分が日常を創り出しているのではなく、日常に飲まれてしまっている自分がいるしなぁ。

”考えすぎて言葉に詰まる 自分の不器用さが嫌い
            でも妙に器用に立ち振る舞う 自分がそれ以上にキライ”


特に共感したのは上記の歌詞。これ100%自分だ!ってくらいに当てはまる。。「器用で不器用」という言葉どおりの人間なんで。楽曲自体は暗めなイメージが漂っているのに、とても綺麗な感じ。歌詞もメロディーも決して綺麗事なんかではなくて、これが現実なんだって叫んでる。自分の目に見える世界をどれだけ愛せるかで、やっぱり人生観って変わってくるよなぁ。自分1人で生きていけない世界で、巡り合えた人々の存在の大切さを知れるよ。夏の終わりに儚く聴ける1枚です!

HANABI
HANABI
★★★★★
TOY'S FACTORY
Mr.Children(アーティスト)
発売日:2008-09-03
楽天市場で詳細をみる

Mr.Children(ミスチル)『HANABI』の試聴、PV視聴 (レーベルサイト)

Mr.Children(ミスチル)『HANABI』のPV視聴

Mr.Children(ミスチル)オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
Mr.Children | 【2008-08-29(Fri)】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
YAK.(ヤック)『いちばん星☆』
YAK.がニューシングル『いちばん星☆』を9月3日にリリース!

発売日の9月3日には東京での
初ワンマンライブが渋谷のO-WESTにて行われる。
現在、人気急上昇中の京都在住の二人組POPユニット。
YAK. オフィシャルサイトより引用


2005年11月に地元京都で結成された、ボーカルのゆうみとギター&ヴォーカルのあさみからなる従姉妹ユニット、YAK.(ヤック)。以降、京都を中心に年間100本以上のライブ活動を行い、2006年からはα-stationでメインパーソナリティとしても活動中。 2008年2月にミニアルバム『YAK.-One-』でエイベックスからデビューを果たした彼女たちが、初のシングルとなる『いちばん星☆』をリリースします。この新曲は、インディーズ時代から大事に歌ってきたというピュアで切ないロスト・ラブソングになっています。

高らかな清廉な歌声がやけに悲しく感じれる『いちばん星☆』。あのとき、ああしていたら良かったのになとか、こうしていれば周りや自分を傷つけることもなかったのになって思うけど、その分岐点での判断を下してきたのは全部自分。その数々の選択肢の先にいるのが今の自分。前向きにと考えるようにしているけど、たまに後退したいときもあるわけで。そんなときにこの曲は浸れるかも☆最近は全くないんだけど、少し昔は沈んでいたときには、一人で夜空が綺麗な山に行っては星を眺めていたなぁって思いだしたりね(笑)

とりあえず時が経つのは早いなぁって強く感じる楽曲。今はホント失敗ばかりで迷惑かけてばっかりだけど、いつか恩返しができるよう頑張らなきゃな。えーと、発売日の9月3日には東京、渋谷のO-WESTで初ワンマンライブが行われます!前売りだけではなく当日券もあるので、気になった人はチェックを☆

いちばん星☆
いちばん星☆
★★★★
エイベックス・エンタテインメント
YAK.(アーティスト)
発売日:2008-09-03
楽天市場で詳細をみる

YAK.(ヤック)『いちばん星☆』の視聴 (9/24迄)

YAK.(ヤック)オフィシャルブログ

YAK.(ヤック)『いちばん星☆』の試聴、PV視聴 (オフィシャルサイト)



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
女性アーティスト | 【2008-08-28(Thu)】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
Hearts Grow(ハーツグロウ)『そら』
Hearts Growが5枚目のシングル『そら』を9月3日にリリース!

このバンドは、地元沖縄の県立本部高校の裏手にある「あじさい音楽村」という音楽事務所に、高校時代から集まった仲間同士で2004年に結成。そして、沖縄県内のストリートやイベントなどを中心に年間100本を越えるLIVE活動や自主制作盤のリリースを通して活動してきました。
音楽レビューブログFMusic 過去記事より引用


ファーストシングル『Road』でちょっと気になった彼ら、Hearts Grow。
それ以降は自分の中ではめっきり、という感じだったんですが新曲『そら』が聴きやすかったので取り上げてみました!アニメ「鉄腕バーディーDECODE」のオープニングテーマにもなっている『そら』は、からっと晴れた青空にぴったりな爽やかな1枚になっています!

メジャーデビュー当時のHearts Growに比べて”音”変わったよね?!荒削りなとこがまとまったというか、それでいて以前から武器としてるエネルギッシュな部分は変わってないような。この『そら』を聴いたときHearts Growだと思わなかったしなぁ(笑)でも、ボーカルのハルナさんの声は1度聴いたら忘れにくいからね~個人的には"新生Hearts Grow"と呼びたいところだけど、着実に彼らの成長を見守っているファンにとっては軌跡でしかないんだろうな♪

<タイアップ>
『そら』・・・アニメ「鉄腕バーディーDECODE」のオープニングテーマ
『未来スケッチ』・・・日本トランスオーシャン(JTA)の2008年イメージソング

【初回仕様】
「鉄腕バーディーDECODE」描きおろしワイドキャップステッカー

そら
そら
★★★☆☆
ERJ(SME)(M)
Hearts Grow(アーティスト)
発売日:2008-09-03
楽天市場で詳細をみる

Hearts Grow(ハーツグロウ)『そら』のPV視聴 (9/24迄)

Hearts Grow(ハーツグロウ)レーベルサイト

Hearts Grow(ハーツグロウ)オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
HeartsGrow | 【2008-08-27(Wed)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Aira Mitsuki 初のワンマンライヴ”Aira Mitsuki 1bit DISCO EXPO PiCOPoP trattoria ~Darling Side”
Aira Mitsuki 初のワンマンライヴ”Aira Mitsuki 1bit DISCO EXPO PiCOPoP trattoria ~Darling Side”に行ってきました!

つい1年前まではダンスもmcもどうも頼りなさげなairaさんでしたが、
努力の痕跡がしっかりうかがえ、やっぱり物事に対して素直に、
そして誠実に取り組む人が勝利するように
この世の中はできているんだなあと思った。
フルタイムライフ(倉知にのさん)のブログより引用


自分自身、初のAira Mitsukiライヴ。初のピコピコ系ライヴ。初の六本木での会場。ということで初めてづくしでしたが、かなり楽しめました☆整理番号とか遅めだったんで、開演30分前に着いたんですけど行列(笑)しかも男の割合95%超(笑)そういや、こんなに男ばかりのライブも初めてでしたね。Airaってアイドルの要素も多少含んでいるのか、行って気づいた。

小さなハコだったんで観客の人数は100人前後、1番後ろでもステージと10mくらいしか離れてなかったんで距離的に近かったです。初のAiraということで、まず踊りというかダンスがめちゃ上手だった!外見も可愛かったし、Perfumeのかしゆかっぽかったね。ただ、MCが苦手な1面があってこれまた良かったりするんだ(笑)なかなかMCに突入しないなぁとか思ってたらステージ後方にテロップが流れて、その中の1文に「滑舌が悪いため、まだMCは喋りません!」とか斬新だった♪あともう少しでAiraの記念すべき20歳の誕生日ってことで観客がハッピバースデーを唄ったんだけど、会場が男しかいないんでものすごい生暖かいお祝いになってたりね(笑)

そうそう、9月3日にアルバム『COPY』がリリースされますが、さらにその先のリリースも決まっていることを報告してくれました!10月29日発売予定で『ロボットハニー』というタイトル、10曲入り1000円という破格でのご提供とのことです!確かに安い!というわけでリリースされたら買ってきます^^

とりわけライヴの最初を飾ってくれた『GALAXY BOY』、キラキラ弾ける『ファンタジー・キャンディー』、柔らかい感触が好きな『Happiness land』、Corneliusの名曲をカバーした『Star Fruits Surf Rider』、アンコールで披露してくれた『イエロー・スーパーカー』、そしてAira代表作の『カラフル・トーキョーサウンズ・NO.9』あたりが個人的に好き♪世間的にはPerfumeに注目が集まっているけど、Airaもそのうち来るんじゃないかなぁ。と期待が大きくなったライブでした!

COPY(初回限定盤)
COPY(初回限定盤)
★★★★★
D-topia Entertainment
Aira Mitsuki
発売日:2008-09-03
楽天市場で詳細をみる

Aira Mitsuki『copy』収録曲の試聴

Aira Mitsukiオフィシャルブログ

Aira Mitsukiオフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
LIVE情報&レポ | 【2008-08-24(Sun)】 | Trackback:(1) | Comments:(0)
ghostnote(ゴーストノート)『精一杯、僕らの歌』
ghostnoteがセカンドシングル『精一杯、僕らの歌』を9月3日にリリース☆

ghostnoteは初めて生で聴きましたが、
CDで聴くよりも声が断然いい。
聴き惚れました。そして癒されました。
cametrip** >>column(cametripさん)のブログより引用


2008年5月にメジャーデビューを果たした岡山発の3ピースバンド、ghostnote(ゴーストノート)。9月3日にリリースされるセカンドシングル『精一杯、僕らの歌』は、去年→一昨年と300本のツアーを回っている中で完成した曲です☆"精一杯、生きるということはどういうことなのか?"という想いが込められていて、テレビ東京系ドラマ24「ウォーキン☆バタフライ」のオープニングテーマになっています!

基本バンドサウンドが好きな自分ですが、『精一杯、僕らの歌』はしっかりとリズムが刻まれてて良い♪特にドラムが曲のバランスをとっててリードしているというか。それにボーカル大平さんの心から奮い立たせられるような力強い歌声が乗っかってる感じ☆アカペラでもアコースティックでも聴きごたえがありそうな声してるなぁと思います。前作に引き続き、元ユニコーンの阿部義晴さんがプロデュースを担当。ghostnoteを知らない人はぜひ1度お聴きあれ^^

精一杯、僕らの歌
SE
ghostnote(アーティスト)
発売日:2008-09-03
楽天市場で詳細をみる

ghostnote(ゴーストノート)『精一杯、僕らの歌』の試聴、PV視聴

ghostnote(ゴーストノート)『精一杯、僕らの歌』のPV視聴 (9/17迄)

ghostnote(ゴーストノート) MySpace

ghostnote diary

ghostnote(ゴーストノート)オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
ghostnote | 【2008-08-23(Sat)】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
Sweet Vacation(スイバケ)『I miss you -ep-』~ユメデアエタラ~
Sweet Vacationがメジャーデビューミニアルバム
『I miss you -ep-』を本日、8月20日にリリースしました☆

てか最後、あんなニッコニコで抱きしめてるから、やられた(>_<)
Mayちゃんは、ほんと自然のままでいてほしい。
メイクはしなくていいからw
★気になる君と音楽★(q羽pさん)のブログより引用


1週間でインディーズ・ハウス・チャート1位を記録、3ヶ月にしてMySpaceでのアクセス数が10万件を突破するなど異例の活躍が話題となっているスイバケこと、Sweet Vacation。彼らのMySpace立ち上げが去年の8月19日ということで、8月20日にリリースされる『I miss you-ep-』で約1年になります!mf247でも以前から注目されてたし、メジャーデビューは遅かれ早かれするだろうなぁって思ってました♪

Summer Dayの特別企画、『Who am I?』Mayを探せ!やりたかったなぁ、、ちょっと時間と余力がなかった(>_<)『I miss you -ep-』は、ちょっぴり切なくも「逢いにいきたい」と想っている人、願っている人には聴いてほしい新曲。とても女の子らしい可愛いナンバーに仕上がってるから☆まぁキラキラキュートなのはいつのものことだけどね♪思ったのは、Mayの歌声って基本明るく聴こえるから、どの曲を聴いても元気をもらえるのでは??って感じた。それだけじゃなくあの笑顔が可愛くて癒されるし、ノーメイクでお願いしますって頼みたいくらいだからね♪

DaichiさんのコーラスもMayの歌声を引き立てていてオススメな『I miss you~ユメデアエタラ~』☆収録曲は捨て曲なしですが、その中でも彼らの代表曲である『Summer Day(ver.1.0)』やリミックスが施されている『Sexy Girl』がヤバイです!スイバケ中毒者でもスイバケ知らない人もこのミニアルバムは必聴です^^

9月20日。HIPS Vol.8の前に新宿のタワレコに行ってスイバケを観ておこうかな。てか当日の夕方帯はAira Mitsukiもインストアイベントに来るのね。なんて豪華なw スイバケ詳しくはオフィシャルサイト、もしくはq羽pさんのブログまで(笑)

<収録曲>
01. I miss you~ユメデアエタラ~
02. Summer Day (ver.1.0) 
03. Super Sldier Boy
04. Sweet Child O'Mine (cover)
05. Sexy Girl (remix:A-bee)

【初回限定盤】
・「I miss you~ユメデアエタラ~」のPV
・恵比寿リキッドルームで行われたワンマンライブ映像収録のDVD付

I miss you-ep-(初回限定盤)(DVD付)
Sweet Vacation - I miss you - EP
ビクターエンタテインメント
Sweet Vacation
発売日:2008-08-20
楽天市場で詳細をみる

Sweet Vacation(スイバケ)『I miss you -ep-』収録曲の試聴 (MySpace)

Sweet Vacation(スイバケ)『I miss you~ユメデアエタラ~』のPVフル視聴

Sweet Vacation(スイバケ)『I miss you~ユメデアエタラ~』の歌詞

Yahoo!ミュージック Sweet Vacation(スイバケ)パワープッシュ記事

Sweet Vacation(スイバケ) レーベルサイト

Sweet Vacation(スイバケ) オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
Sweet Vacation | 【2008-08-20(Wed)】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ポルノグラフィティ『ギフト』/映画「フライング☆ラビッツ」主題歌!
ポルノグラフィティが25枚目のシングル『ギフト』を8月20日にリリース☆

ポルノの8月20日発売予定の新曲は心地よいテンポにのった、爽やかな曲。
映画「フライング☆ラビッツ」主題歌。
前作とはガラリと雰囲気が違い、
(もちろんミスチルの「GIFT」とも大違い・・・笑)
これまでにないような感じの曲で、新たな一面を見た感じがします。
やまかず音楽日記(やまかずさん)のブログより引用


1999年9月8日、『アポロ』でメジャーデビューをし、今年2008年9月8日から、メジャーデビュー10年目に突入したポルノグラフィティ!!シラタマも脱退することなくメンバーで居続けてくれたら良かったのになぁ。自分が音楽に興味を持ち始めたのも、ポルノグラフィティがメジャーデビューを果たした前後。ラジオで『アポロ』を夢中で聴いていた覚えがあります。初期は『幸せについて本気出して考えてみた』あたりまでハマってて、それ以降は『メリッサ』や『愛が呼ぶほうへ』、また少し経ち『ハネウマライダー』や『リンク』という具合で来てるのかな♪

”生まれながらの才能のことを 
「神様からのギフト」と人は呼ぶらしいけれど
僕のはちっちゃい箱なんだ”


世間的にも消えることなく、むしろ世間的に居場所を確保したといっていいくらいの認知度になった彼ら。デビューから10年ってスゴイことだ!でも、まだまだ前進飛躍し続けている熱は冷めることなく、今回のニューシングル『ギフト』にもそれは詰まってる♪毎回のことなんだけど、なんて彼らの詩って謙虚なんだろうって思う。決して上に立とうとするでもなく、無理矢理ついてこいと言うわけでもなく。アーティストととしての目線というより、一般市民の目線っぽいんだよね。10年経っても変わらない姿勢とキャラクター性がファンを虜にして離さないんだろうなw

学生中のバイトで知り合った熱狂的ポルノファンに聞いたら、バイト代を全部コンサート代につぎ込んでる人もいたし(似たようなことやってる人はたくさんいるけどw)。働いてるのに金欠になるのもうなづける(笑)あと熱狂的オレンジレンジファンとも話したことがあって、ライヴの最前列を確保するためにオークションで超高値のチケットを買う人もいた。うーん真似できない、、、。まぁ俺もライヴ代は惜しまない派だし、趣味にお金はかけて良いと思います。時間とお金とのバランスは大事だね。

曲の感想忘れてました!久しぶりにポルノに惹かれた「良曲」だと思います☆今回は歌詞が良いし、ほんわか&爽やかが入り混じったメロディーが絶妙です♪10月8日にはさらなるニューシングル『Love,too Death,too』の発売も決定しています!

◆『ギフト』・・・映画「フライング☆ラビッツ」主題歌
(2008年9月13日全国ロードショー)

【初回生産限定盤】DVD付き!
(サンタクロースに会いにフィンランド超短期滞在のドキュメントを収録!)

ギフト(初回生産限定盤)(DVD付)
SE
Porno Graffitti(アーティスト)
発売日:2008-08-20
楽天市場で詳細をみる

ポルノグラフィティ『ギフト』の試聴

ポルノグラフィティ『ギフト』のPV視聴

ポルノグラフィティ オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
ポルノグラフィティ | 【2008-08-19(Tue)】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
西野カナ『Style.』/自分描きは色彩を添えて♪
西野カナがサードシングル『Style.』を8月13日にリリースしました!

お世辞抜きで…今回の「Style.」は本当に“いい曲”だ。デビュー・シングルからずっとつらぬいている自らの詞の世界は、どれも興味深いものだけど、この曲で表現された“マイ・スタイル”的なことは、これから先、自分が日々生活していく中で「そうしていかなくちゃつらくなる」ことだったりする。だからって、オトナに対して一切耳を貸さないなんて類の曲じゃない。聴いてくれる同年代のファンに向けても、きっとリアルに響くであろう、“ご提案”の曲なんだ…
sakusaku[今週の気になる曲]より引用


デビューシングル『I』、セカンドシングル『glowly days』と確実にファンを増やしているであろう、西野カナ。やっぱり彼女のガーリーヴォイスと考え方の視点は好きだな~。今回の新曲『Style.』でもその片鱗に触れることができる。

"大人の領域に踏み込もうとしているけど、できるなら子どもでいたい"という様々な葛藤が生まれる19歳。1秒でも過去には戻れない歯車だからこそ、今の自分に悔いのないように色を添えていこうっていうね。それを知っている彼女にしても、最短で音楽シーンを駆け上がっていくんじゃないかと個人的に思います♪(未だに人気がそこそこなのが嬉しかったりするけどねw)うん、でも同世代ならば有無を言わさずに共感してしまう曲なのは間違いないはずです☆

<タイアップ>
テレビ東京系6局アニメ「SOUL EATER」7月クールエンディングテーマ

【初回仕様】
「SOUL EATER」オリジナル・アナザージャケット封入

Style.
Style.
★★★★
SE
西野カナ(アーティスト)
発売日:2008-08-13
楽天市場で詳細をみる

西野カナ『Style.』のPVフル視聴 (9/12迄)

西野カナ『Style.』の試聴、PV視聴

西野カナ『Style.』の歌詞

西野カナ オフィシャルブログ

西野カナ レーベルサイト

西野カナ オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
西野カナ | 【2008-08-18(Mon)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
雲の切れ間からヒラヒラ
今週は各地へ旅に行ってました。
なわけでブログ更新は完全サボリの放置です♪

前半は"閃光ライオット"と"浜名湖へウナギを求めて・・・"

後半は"日光に自然とゆば探し"と"仙台へ日本三景の松島と牛タンの旅"


前半戦の閃光ライオットは、まぁ記事に書いたとおりです。ガリレオ・ガリレイは、新しいメンバーを募集してて一応見つけたみたいですね。BBSもガンガン書き込みが途絶えないし(笑)『ハローグッバイ』は確かに名曲です☆あと『管制塔』も好きなんだけど、どっかに試聴できるとこないのかな~。浜名湖のほうはというと、浜松の老舗「うなぎ藤田」で美味しい国産うなぎをいただきました!

後半はホントだったらPOWER OF ATAMIXっていう熱海で行われるライヴも参戦するはずだったんだけど、色々と時間計算してたら厳しいことに気づき見送りました。でも、遠くのほうから花火だけは見えましたけどね♪

華厳の滝
修学旅行以来となる華厳の滝や日光東照宮、竜頭の滝など回りました。行ってみて記憶とだいぶ違ったなぁ、電車と車っていう差はあるんだろうけど「こんなんだったっけ?」って感じで新鮮だった。

中禅寺湖
中禅寺湖も穏やかな佇まいをみせてて癒されたポイント。
夜とか冷房なしで寝てましたから!

松島
日本三景のひとつ"松島"をクリアしてきました。小さな島や入り江が数多く、どこを歩いても様々な景観が飛び込んでくるっていう素晴らしさ。名所だけあって人もごった返してました。んで仙台市内では美味しい牛タンを食べて、お土産に笹かまを買って終了(笑)

動物あります。
今回初めてお盆のUターンラッシュにも直撃、というか体験しました。
ガソリン高騰で遠方へ出かける人が少ないと踏んで旅に出ましたが、それでも車多かったっす。。まぁ最長でも渋滞20kmくらいだったんで比較的良かった。途中SAの渋滞情報で発見したのは「動物あります」という表記!ちょっと突っ込みたくなる渋滞内容でした。笑

BGM:初音ミク『White Letter』





にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
日常 | 【2008-08-16(Sat)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
閃光ライオット/若き原石たちが輝きを放った日☆
行ってきました、10代限定のバンドたちによる夏フェス”閃光ライオット”!

閃光ライオット
(画像が悪くて申し訳ないっす。汗)

TOKYO FM & JFN 38 STATIONSが贈る社会現象ラジオ!
“未来の鍵を握る学校”SCHOOL OF LOCK!と
“未来の鍵を探す”Sony Musicが完全コラボでおくる、
TEENAGE限定みんなで作るLOCKフェス“閃光ライオット”!
閃光ライオット オフィシャルサイトより引用


いや、すごかった。満身創痍だけど、感無量の気持ちもあって、聴く側としても全力で楽しんできたなって思います。ていうかね、どのバンドもレベル高いのなんのって(汗)メジャーでもおかしくないのがゴロゴロしてました。この閃光ライオットに応募した理由というのは各バンドそれぞれだけど、ただ”自分たちの音を、今を聴いてほしい”という熱い想いは皆一緒だったね。もうね、目を離す時間もないくらいに良いライヴを披露するから・・・全16バンドによる全16ステージを見ちゃったし♪

SCHOOL OF LOCK!のやましげ校長、やしろ教頭のMCも面白かったなぁ。あと特別審査員であるジンのひぃたんやFLOW、monobright、BBBが審査員席ということで間近で観れたのが良かった♪なわけで簡単に全バンドの感想をつづります。

1.DOMINO(未来の安室奈美恵)
初っ端から若くて元気がありましたー!ちょっと振り付けは難しかったかなぁと思うけど、コール&レスポンスは上手くいってたね♪ダンスは他のバンドでは披露していなかったので、見ごたえがありました。

2.FOOLON(未来のKREVA)
試聴した限りではそんなに注目してなかったが、いきなり会場を熱気で包みこんで焦った(笑)歌にしてもルックスにしてもカッコいいんですよね。”陽”なバンドです。

3.THE NAMPA BOYS(未来の音速ライン)
引っ込み思案っぽいところが好感でしたね。ガンガンいくタイプのバンドではなく、じわりじわりと攻めていく、前バンドのFOOLONに比べるとこちらは”陰”というところ。

4.The Musique(未来のくるり)
ロックの時間始まります。マジでロックそのものを彼らは唄ってた。サマーソニックにでも出演してそうな雰囲気と凄みを持っていた。『サンキューロック』はオススメです!

5.中村瑛彦
ほんと16歳ですか?!ソロなのにあの緊張のカケラをみせない堂々さといったら…。心を引き込む歌声と力強いギターが良かった。中村君は想像以上でした。思わずCD買っちゃった♪

6.Piggy Hedgehog
都会の平成おなごポップバンド。同じ神奈川出身ということでライヴ前から共感済み(笑)ゆる~いバンドだったけど声量も大きかったなぁ。自身でイントロがやたら長いバンドって言ってました。

7.twelve nine
緊張気味だったのか、標準語を意識したのかっていう疑問は置いといて、沖縄代表のtwelve nine。グングンと音を出していくロック感が、メンバーの息の合った音楽を物語ってた☆

8.ジュブナイルボート
観客席にダイブするし、派手に転ぶし、高いところに乗るし、そんな破天荒なライヴパフォーマンスは彼らだけだったなぁ。これも確かにロックの醍醐味!僕だけのアイドル、最高でした(笑)

~monobright先生によるスペシャルライヴ~
monobright先生が生放送教室に遊びにきてくれたときの、最後の黒板から生まれた「ハイスクール・キュン・キュン」!校長と教頭も加わり、みんなでキュンキュンしてたのが楽しかったです。

<セットリスト>
1.未完成ライオット
2.紅色 ver.2
3.頭の中のSOS

9.N.O.B.U!!!(未来のSEAMO)
盛り上げかたが多彩ですごかったなぁ。あれは天性でしょ。なのに、とても低姿勢で紳士的なところがあるN.O.B.U!!!。「世界平和」と「音の楽しみ」の2つのテーマを掲げた想い、確かに届きました♪

10.Brack Top
耳鳴りのような爆音が劇的に体を通過した感じだった!

11.ねごと(未来のチャットモンチー)
ま、まさかのパジャマで登場!!その姿がまた可愛くてね~「萌」と言わざるを得なかったです。男性陣は確実に魅了されてたよ。そんな萌カワの彼女たちだが、音はというとオルタナティブ・ロック!重低音が体中に響いてた。試聴時とライブで感触がだいぶ違うバンドでした!もちCDゲットです!

12.HEAD SPEAKER
エネルギッシュなライブを披露してくれました!ボーカルKANAさんのMCも上手くまとめてたし、それ以上にパワフルキュートな歌声が好感触♪どの曲も最高潮テンションに行くまでの加速がハンパなかった!猪突猛進系なバンドで勢いがあった★

13.Galileo Galilei(未来のラッド、バンプ、tatica)
会場のほとんどが期待してたバンドだったのでは。稚内市ではライヴチケットが20枚も売れないというがありえない。この歳にしてここまで完成度が高い演奏ができているのがすごい。地理的にてっぺん、そして今回の閃光ライオットでのてっぺんとなったバンド。

14.松室政哉(未来の森山直太郎)
前ステージのガリレオ・ガリレイの物販に人をとられてしまい、会場は今日一日で1番はけてたかな。切ない臨場感と時計の針が止まったかのような雰囲気が独特でした。

15.Brian the Sun
前を真っ直ぐ向いての姿勢と熱い演奏が心打たれた。試聴したときもこのバンドは良いなって思ってて、ライブでもやっぱりそうだった。この頃には観客はBBB目当てに移動中。

16.little beans(キモチステージ)
数字の投票ではなく、どれだけ熱い想いが込められたメッセージが届くかで決まるキモチステージ。トリを締める彼らlittle beansは、「叫び」そのものだったし3曲目のラジオでも流れたという『Neutrino』は身震いがしました。

~Base Ball Bear先生によるスペシャルライヴ~
10代限定ということで頭に『17歳』を持ってきて、夏フェスという要素で『祭りのあと』を持ってきて、そしてBBBが代表するサマーソング2曲で締めたわけですが、終始テンションあがりっぱなしの会場でした☆”ギター湯浅将平”が2回も観れました!

<セットリスト>
1.17歳
2.ドラマチック
3.祭りのあと
4.ELECTRIC SUMMER

⇒ 優勝アーティストによるウィニング・ライブアクト
     (Galileo Galilei/ハローグッバイ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<グランプリ>
・Galileo Galilei

<準グランプリ>
・Brian the Sun

<特別審査員賞>
・ねごと
・ジュブナイルボート


~GETしたアイテム~
・先着100枚限定サイン入りCD(Galileo Galilei)
・無料デモ音源(Brian the Sun)
・青パッケージCD(ねごと)
・2曲入りCD(中村瑛彦)
・4曲入りCD+無料ステッカー(HEAD SPEAKER)


めっちゃ疲れましたが早朝から参加して良かったと思います。閃光ライオットは”来年も開催”されると校長より報告いただきましたので、もし目指す志があるバンドがあるならば、この1年間を有意義に使っていただきたいと思います。



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
LIVE情報&レポ | 【2008-08-11(Mon)】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
音楽バトンで今を確かめる。
Perfumeのあれ良いよね~。
7月16日に発売されたKOSE「Fasio」のCMソングに抜擢されているPerfume『edge』。CM観てても淡々とクールなイメージがぴったしだ☆

"Down Down a clip round you fall in drops set a trap
Down Down a clip round you fall in drops setting a trap
Down Down a clip round you fall in drops set a trap
Down Down a clip round you get the trick of it 1234"


love the world』のような可愛らしさというのはないけど、エンドレスで"だんだん 好きになる 気になる 好きになる"って囁かれるとヤバいです。最初から最後まで同じテンポで繰り返されてるのも印象に残るんだろうなぁ。
 

【音楽バトン】  耳鳴りのラストダンス(ジュンさん)のブログより引用


■名前と音楽好き歴

□いわちゅです。
 音楽好き歴は、きっと生まれる前から。(前の人と同文♪)


■好きな音楽ジャンル

□邦楽ロック、テクノポップ。
 とりあえず激しい系とピコピコ系が好きです。


■好きなアーティスト(五つまで。よければ語って下さい)

□凛として時雨
 サウンドと声、たまりません。
 ほんと癖になる音楽。
 TKの歌詞は音楽を唄ってる。
 3ピースとは思わせない重圧感も素敵。
 ライブもそれはそれは熱い、でも冷たい。(前の人と同文♪)
 

□Sweet Vacation
 爽やかキュートに突き抜けるMAYの歌声に惚れる。
 聴いているだけで気分も明るくなるし、楽しくなれるピコピコサウンド。
 愛らしい存在感を放つユニット。
 

□ミドリ
 崩壊的パンクロック。枠(常識)にとらわれない音楽性が光ってる。
 セーラー服でギターをかきむしって叫び歌うライヴは必見。
 ミドリのライヴは自分の中で何かが変わるので好き。

□moumoon
 何度もライヴに行っていますが、ホントに心に染みわたるYUKAさんの歌声。
 聴き手を優しく、柔らかく包み込む楽曲に安らぎを感じられる。
 彼らのコンセプトにもあるけど、きっと10年先も色褪せることはないだろうと思う。
 同時に、自分もmoumoonの曲を聴いてこれからを過ごしていくのだろうと思う。


□Base Ball Bear
 ジャパニーズロックバンドと称するのが最も似合っているBBB。
 サウンドがとにかくカッコいいし、小出のシリアスなボーカルと
 コーラスで重ねる関根の歌声がマッチしすぎ。
 「ダンス湯浅将平」やホリさんの「ジェジェジェジェジェジェネレーション!」
 が定番となっていて、ライヴパフォーマンスが最高なバンド。


■好きな曲

□CRAZY感情STYLE(時雨)
□鮮やかな殺人(時雨)
□TK in the 夕景(時雨)

□sweet vacation 遊びに行こうよ〜2nd edition〜(Sweet Vacation)
□Summer Day(Sweet Vacation)

□ゆきこさん(ミドリ)
□ハウリング地獄(ミドリ)

□Cinderella(moumoon)
□Flowers(moumoon)
□Do you remember?(moumoon)
□PINKY RING(moumoon)

□SAYONARA-NOSTALGIA(Base Ball Bear)

□me me she(RADWIMPS)
□夕日哀愁風車(チャットモンチー)
□親知らず(チャットモンチー)
□唄い前夜(安藤裕子)

□スマトラ警備隊(相対性理論)
□月とあたしと冷蔵庫(いきものがかり)
□カラフル・トーキョーサウンズ・№9(Aira Mitsuki)

他多数。



■CD、レコードなどは全部で何枚持っていますか?

□50枚くらい。



■いつもどんな時に音楽を聴く?

□常に。



■カラオケでよく歌う曲

□カラオケ苦手っ子。聴くの専門。



■好きなのに相手を選ばないと歌えない、聴かせられない曲は?

□藍坊主や甲斐名都。



■励まされる曲

□ダンデライオン/BUMP OF CHICKEN



■眠る時に聴きたい曲

□病的な音楽か、最新邦楽の曲。



■歌詞がオススメな曲

□Boys be ambitious/cloe
□六月十三日、強い雨。/安藤裕子
□待ちぼうけ/サクラメリーメン
□飴玉の唄/BUMP OF CHICKEN
□route299/strawberry record
□GRETEL/strawberry record



■気になっている曲orアーティスト

□今気になってるのは、西野カナと福井舞。



■好きなPV

□LOVEずっきゅん/相対性理論
□Telecastic fake show/凛として時雨
□夏恋想/KEY GOT CREW
□オーダーメイド/RADWIMPS



■回す人

□やってみたい音楽好きさんはご自由に持ってってください♪



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
日常 | 【2008-08-09(Sat)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
マリエ・ディグビー『アンフォールド』 
マリエ・ディグビーがデビューアルバム
『アンフォールド』を8月6日にリリースしました♪

リード曲 『Say It Again』 は、彼女自身が持つ透明感溢れた
ナチュラルな歌声が空気を和らげ、清楚で気品のある楽曲に
仕上がっています♪
おすすめは、やはりアコースティックバージョンの曲全てですね☆
特に 『Miss Invisible』 は、美しく儚いその歌声に胸が締め付け
られてしまいます。。。
★気になる君と音楽★(q羽pさん)のブログより引用


アイルランド系アメリカ人の父と日本人の母を持つ、アメリカ生まれの現在25歳のシンガーソングライター、マリエ・ディグビー。2004年にパンテーン社主催のソングライティング・コンテストに応募し、「ミス・インヴィジブル」で見事に優勝となり、ハリウッド・レコードと契約を結ぶが、思うような展開がないことに苛立ちを募らせ、自らがYouTubeに投稿。リアーナの大ヒット曲、『アンブレラ』をギターでアコースティックカバーし投稿したところYouTubeで総数2700万以上のPV数を記録。そのような経緯からデビューにこぎつけたという、確かな実力と努力の結晶が実った注目の新人です☆

普段は洋楽に興味がないんだけど、マリエ・ディグビーには耳を傾けてしまった。歌詞はもちろん英語なんだけど、透明感や美しさというような歌のセンスがとにかく聴き馴染んでしまう。q羽pさんも強調している清楚さっていう部分が、なんとなく日本人向けなのかもね♪『アンブレラ』のカバーを除き、全曲をマリエが作詞作曲を担当。99% が実体験に基づいたという、等身大の彼女の世界観がたっぷり詰まった1枚です。ちなみに、マリエは漢字で書くと“万里恵”になるそうです♪

<収録曲>
01.Say It Again 
02.Better Off Alone 
03.Traffic (acoustic version) 
04.Girlfriend 
05.Miss Invisible 
06.Spell (acoustic version) 
07.Stupid For You (acoustic version) 
08.Voice On the Radio 
09.Fool 
10.Umbrella 
11.Beauty In Walking Away 
12.Better Off Alone (acoustic version) 
13.Unfold 
14.Umbrella (acoustic version) 
15.Miss Invisible (acoustic version) 
16.Unfold (acoustic version)

UNFOLD
UNFOLD
★★★★★
エイベックス・エンタテインメント
Marie Digby(マリエ・ディグビー)
Marie Digby - Unfold
発売日:2008-08-06
楽天市場で詳細をみる

マリエ・ディグビー『Say It Again』のPVフル視聴

マリエ・ディグビー MySpace

マリエ・ディグビー『アンフォールド』の全曲試聴

マリエ・ディグビー レーベルサイト

マリエ・ディグビー オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
マリエ・ディグビー | 【2008-08-08(Fri)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
COVER LOVER PROJECT(カバラバ)『MELLOW LOVERS』
COVER LOVER PROJECTがカバーアルバム
『MELLOW LOVERS』を7月23日にリリース!!

「夏の恋人たちに捧ぐ!」2008年大本命レゲエカヴァーアルバム!
『カヴァーの伝道師「COVER LOVER PROJECT」が2008年夏、
その名も「COVER RAGGAPROJECT」と名義を変え、
幸せいっぱいラヴァーズサウンドをコンセプトに
胸キュンのカヴァラガ!サウンドをお届けします!』
COVER LOVER PROJECTオフィシャルサイトより引用


2005年のデビュー以来、通算9枚のカバーアルバムを怒璹のごとくリリースしてきたCOVER LOVER PROJECT。全編日本語ヒット曲をレゲエにカヴァーしたニューアルバム「Mellow Lovers 」を7月23日にリリースしました。んーこのCLPは、どんな集団?って思っていたんだけど、たくさんの歌い手(ボーカリスト)とたくさんのサウンド陣(ミュージシャン)のプロジェクトみたい。barksで情報を探していたら巡りあえたので紹介しています☆

カバーが流行となっている最近ですが、この集団も一癖あって聴き馴染みやすいです。一癖、とはいっても悪い意味ではなく、しっとりと歌い上げるボッサ調がちょうど良い♪それに加えて誰もが知っているJ-POPの名曲をカバーしているので、年齢や性別を問わず色んな人にオススメできる1枚!誕生日プレゼントなんかにも良さげかもしれない♪『シャングリラ』や『リルラ リルハ』、『夏祭り』など記憶に新しい曲が多いので、10代でも余裕で聴けちゃいます!ふわふわ感がやばすぎです~。

このアルバムで気に入った人は、COVER LOVER PROJECTの過去にリリースしている作品もチェックしてみてください☆好みの楽曲が発掘できますよ^^

<収録曲>
01.シャングリラ
02.三日月
03.渚
04.Million Films
05.リルラ リルハ
06.Over Drive
07.Swallowtail Butterfly ~あいのうた~
08.夏祭り
09.月のしずく
10.少年時代

MELLOW LOVERS
MELLOW LOVERS
COVER LOVER PROJECT
★★★★★
ARTIMAGE RECORDS
COVER LOVER PROJECT
発売日:2008-07-23
楽天市場で詳細をみる

COVER LOVER PROJECT(カバラバ)『MELLOW LOVERS』収録曲の試聴

COVER LOVER PROJECT(カバラバ)オフィシャルブログ

COVER LOVER PROJECT(カバラバ)オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
女性アーティスト | 【2008-08-06(Wed)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
羊毛とおはな『LIVE IN LIVING '08』、『手をつないで』
羊毛とおはながニューアルバム
『LIVE IN LIVING '08』を7月22日にリリースしました!

羊毛こと市川和則(ギター)と、
おはなこと千葉はな(ヴォーカル)から成る
アコースティック・デュオ。シティー・ポップ系の
バンドで活動していた市川と、女性コーラス・グループなどに
在籍していた千葉はなが出会い、2004年に結成。
カフェを中心にしたライヴ活動で次第に注目を集めていく。
bounce.comより引用


富山出身の千葉はな(Vo)と、静岡出身の市川和則(Gt)によるアコースティックディオ、羊毛とおはな。タイトルどおり〈リビングでのライヴ〉を想起させるリラックスした雰囲気のサウンド・メイク、彼らの基本的なスタイルである〈アコギと歌〉を追求したこの作品は、聴いていて本当に安らぎをくれる。初めて曲を聴いたのはラジオからで、ファーストシングルの『手をつないで』。もはや曲と呼ぶよりBGMに近い感覚だったなぁ。というか”羊毛とおはな”っていうユニット名から温もりを感じれるよね(笑)

とても優しい叙情的な、和み100%の詩の世界。Sotte BosseSomaとも違った、うーんDewが1番近いポジションかなぁ。PVにも出てるけど森林浴が似合うような、自然たっぷりの雰囲気があります☆じっくり聴けば聴くほどに眠たくなってくるので注意♪ドライブには向いていませんが、落ち着きたいときや就寝間際に聴くのがベストの楽曲です。気になる人は”羊毛とおはな”心の片隅に覚えておいてください^^

「ひつじげとおはな」ではなく、「ようもうとおはな」と読みます。
略して「羊はな」(ようはな)とも呼ぶらしい。です?笑

<初回限定特典 DVD付き>

LIVE IN LIVING’08
LIVE IN LIVING’08
★★★★★
インディペンデントレーベル
羊毛とおはな
羊毛とおはな(アーティスト)
発売日:2008-07-22
楽天市場で詳細をみる

手をつないで
手をつないで
★★★★★
インディペンデントレーベル
羊毛とおはな
羊毛とおはな(アーティスト)
発売日:2008-04-08
楽天市場で詳細をみる

羊毛とおはな『LIVE IN LIVING '08』の試聴

羊毛とおはな『手をつないで』のPVフル視聴

羊毛とおはな オフィシャルサイト



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
羊毛とおはな | 【2008-08-05(Tue)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
閃光ライオットまであと一週間!
暑いですね。この休日は特に激暑です。
部屋の温度37℃ありました。扇風機回しても温風をかきまわしております。

さて、閃光ライオット。
本選出場のアーティストたちのデモ音源が聴けるので、サァーっと聴いてみました。
以下、本音。
まず16、17歳の子たちがこんなにも聴かせることができる楽曲を作れるのか!って思いました。未来のバンプ、アジカン、チャット、ラッド等がすごく多いです。若いながらのパワーが溢れているのはもちろんのこと、それぞれのバンドやアーティストがすでに自信を持って個性(色)があるのが素晴らしい。俺も学生時代にバンドやってみたかったなぁって憧れも出てくるくらいです。

パッと聴きでお気に入りとなったのは、

HEAD SPEAKER> 
ボーカルのパワフルキュートな歌声がグッド♪ライヴパフォーマンスも好評を得ており、とにかく激しさと楽しさを兼ね揃えたバンド。GO!GO!7188やミドリが好きな人はオススメ!

Brian the Sun
昨今で話題となっている9mmや時雨に近いかなぁって思った。自然とリズムを取ってしまう高揚感の中に心地よさも存在している演奏。音の強弱もしっかりしてるよね~。彼らの曲は、ライヴハウスで音の反響を体全体に浴びたりすると気持ち良いだろうなぁ☆

Galileo Galilei
これファン続出するのは必須かと。それくらい惹きつけるものを持ってるバンド。試聴した『ハローグッバイ』は、俺は部屋の隅っこで聴いていたい感じ(笑)ひっそりと、でも内心穏やかじゃなくて。つまり、あれだ。脳裏にイメージしやすい曲だから、1人でそれを覗いていたいっていう思いだね。日本の端っこである稚内市からとんでもないロックバンドが出てきたなぁ(笑)っていうか普通にCDあったら即買ってると思う。

おっ。

8/10 閃光ライオット会場にて
限定シングル『HELLO GOODBYE』発売決定!
<収録曲>ハローグッバイ/くるくるガール/ねるら村の感謝祭
500枚限定での販売となります。
予約はできません。


だって♪これは残ってたら買いたいなー。チェックしておこう。



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
日常 | 【2008-08-03(Sun)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
7月度のレビュー評価表(2008年度)
【個人的な評価基準】

★★★★★ ⇒ 文句なしにオススメする曲♪
RYTHEM with キマグレン『Love Call(ラブコール)』
KREVA「クレハーカップ」/1万人が一体となった最高のライヴ☆
Sotte Bosse(ソットボッセ)『ボクたちのうた』
YUI『SUMMER SONG』/はじまるよ夏休み~♪
甲斐名都(かい なつ)『深呼吸の必要』
GIRL NEXT DOOR(ガール・ネクスト・ドア)『偶然の確率』/超大型新人ユニット☆
カミナリグモ『王様のミサイル』/忘れていた大切なモノ☆
安藤裕子 LIVE TOUR 2008 "Encyclopedia."/渋谷C.C.Lemonホール追加公演ライブレポ!
LIVE ecoMOTION driving by 横浜ゴム ライヴレポート☆
SpecialThanks(スペシャルサンクス)『SEVEN COLORS』
スケルト・エイト・バンビーノ『夏恋』/未来のページにも幸せを☆

★★★★☆ ⇒ 好感が持てる良い曲です♪
0SOUL7(ゼロソウルセブン)『東京元年』


★★★☆☆ ⇒ まずまずの曲です!聴いてから確かめてみて♪
>なし


★★☆☆☆ ⇒ コアなファン向け!1度は聴く価値があります♪
>なし


☆☆☆☆ ⇒ オススメできません!興味があれば聴いて下さい♪
>なし


おつかれさまです~。7月は・・・なにしろライヴに行った回数が多すぎる(笑)一週間に1回は行ってるじゃん!かなり頑張った感もありますが、レビュー数が少なめになってしまった感も否めません。おかげで、9割以上が自信を持ってオススメできる曲ばっかりになってしまいました♪8月もそれなりにライヴが多いので覚悟はしていますが、なるべく紹介も維持していきたいなと思います。話は変わりますが、ここんとこの仕事の行き帰りで飛ばしながら凛として時雨を聴くと爽快☆『鮮やかな殺人』とか『CRAZY感情STYLE』とかやっぱ良いよ!

それ関連で、俺も大いに活用させていただいていた音楽配信サービス「mF247」が8月末でサービスを休止だって(汗)今日のニュースで知りました。ミドリとか相対性理論とか、そして凛として時雨もここで知って好きになっていったのになぁ。うーん、残念。8月最初のレビューは、ゆる~い感じのユニットを数組記事にできたらなってところです^^

☆☆☆2008年7月度の好感曲Best5☆☆☆
1位.カミナリグモ『王様のミサイル』
2位.スケルト・エイト・バンビーノ『夏恋』
3位.RYTHEM with キマグレン『Love Call』
4位.甲斐名都(かい なつ)『深呼吸の必要』
5位.GIRL NEXT DOOR『偶然の確率』



にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ ← 参考になりましたら応援クリック頂けると大変嬉しいです♪
月間レビュー評価表 | 【2008-08-01(Fri)】 | Trackback:(0) | Comments:(0)


次回の訪問にどうぞ♪
CDを借りるなら
ツタヤに毎回CDを借りに行くも、いつも貸出中や最新版は返却期限が短いなど困っている方にオススメ。特に新譜の邦ロックを追っている人は有効活用できます。
チケットを探すなら
日本最大級のチケット売買サイト「チケットキャンプ」
人気の春フェス・夏フェスのチケットを探すときに覗いてみるといいかも。
ブログ内検索
歌詞サイト一覧
☆無料歌詞サイト
⇒ うたまっぷ
⇒ 歌詞GET
⇒ 歌詞ナビ
⇒ 歌ネット
アーティスト別カテゴリー
音楽レビュー関連リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。